今日は本を読もう!

本好きが集まり、本好きのために、日替わりで最高の本を紹介するページです。
Facebookも毎日更新中!
みんなで情報交換できるコミュニティなので、読者の方からの書評、レビュー、読書感想などもお待ちしてます!書評の投稿はこちらから

カテゴリ: マンガ

「諦めたら、そこで試合終了だよ。」

”国民的漫画"と言われるこの作品、最近読み直してみたのですが、やっぱりおもしろかったのでご紹介。

「諦めたら、そこで試合終了だよ。」
「安西先生、バスケがしたいです。」
「もうオレにはリングしか見えねぇ」
「おれは今なんだよ」

心を動かす名言の数々!
バスケのことしか書いていないのに、これほど人生にワクワクをくれるマンガはすごいです。大人になって忘れていた、青春時代の"熱さ"が蘇ります。

同じように、きっと多くの人の心に、熱いものを残したと思うのです。

もし読んだことがない人がいたら「人生にこんな楽しみが残ってるなんてうらやましい!」と、純粋に思ってしまいます笑

読んだこと多い人がいるとおもうのですが、久々に読み返してみてください!きっとまた勇気をもらえると思います。

表紙からはとても想像できないのですが、このマンガは、村上春樹に通じるものがあります。つまりテーマが「記憶」と「思い出」なんです。例えば、ひときわ輝いていた、この一文。

「記憶も生きてるんだよ 成長するんだ」(矢野元晴)

これまでの僕にとっての「記憶」というのは、ある時点で形作られた「止まった」ものでした。映画や写真みたいに。
でも実はそうでなく、僕らと同じように変化し、成長するものなんだ、と。 確かに、僕が成長するに連れて、記憶のあり方も、思い出す風景も、少しずつ変化してるんだと、初めて感じた。

それは僕にとって新しい視点だったし、救いでした。記憶は失われるわけではなく、人ともに成長しているのだ!、と。

忘れてかけていた、10代の頃の輝かしくもう戻らない感情、後悔、純粋な思いそんな幸せに近い切なさをくれる本。「感情の裏側」まできちんと描いています。でも、とてもポジティブになれる本です。

最後に、僕等がいたの言葉から

----------------------------
どうかあなたにとって、
思い出はいつも
やさしくありますように
----------------------------

Selected by Copywriter

「夢の教科書!」

マンガというものは、決して馬鹿にしてはいけない本のジャンルだと思うのです。(なのでこのページでもたまにマンガを紹介します。)

この「宇宙兄弟」もそのひとつ。普通のサラリーマンが小さい頃の夢だった、宇宙飛行士を目指す物語。僕はこれは「夢の教科書」だと思ってます。夢を追うこと、夢を実現するために必要な、「コトバ」が、最高のエピソードの中で生まれています。

「迷った時はね、どっちが正しいかなんて考えちゃダメ。
どっちが楽しいかで決めなさい。」

「一位と最下位との差なんて大したことねーんだよ 
ゴールすることとしないことの差に比べりゃ 。」

「グーみたいな奴がいて 
チョキみたいな奴もいて 
パーみたいな奴もいる 
誰が一番強いか答えを知ってる奴はいるか? 」

「新しいモノ作ろうって話なんだ
最初は何だって”仮説”だろ。」

とにかく主人公のキャラクターが秀逸です。決してデキル人間じゃない。でもいつも人間味のある、人間らしい決断をする主人公に、誰もが巻き込まれていく。愛情と夢。いま世界に求められる「人間を描いた」マンガだと思う。

もし読んだことない人がいたら、ぜひ読んでみてください。
そしてもしお子さんがいたら、ぜひ読ませてあげてほしいマンガです!!

Selected by Copywriter

このページのトップヘ